あなたならLVN?それともRN??近道はどっち!?VISA取得を考えたライセンスの選び方!!

 アメリカにも日本同様、看護師と准看護師があります。看護師はRegistered Nurseと呼ばれ准看護師はLVN:Licenced Vocational Nursesと言う名称で呼ばれています。州によってはLPN:Licenced Practical Nursesと呼ばれている州もあるようですが、私の住んでいるカリフォルニア州ではLVNと呼ばれています。

今日はアメリカで看護師を目指すにあたり、はじめからRN目指すのか、それともLVNを目指しのちにRNになった方がいいのかをお話ししたいと思います。今まで私も何度かこのような質問を受けたことがあるのですが、人それぞれ置かれている状況は違うので、正直難しい質問です。今日はその両方の観点から、メリットデメリットをお伝えしたいと思います。

以下が私の考える、初めからRNを目指した方がいいケースです。

1.日本で正看護師の免許を持っている

2.病院(病棟)での職務経験がある

3.日本での病院勤務において、リーダー業務もしくはそれ以上のマネジメント業務に関わった経験がある

上記はあくまで自分の経験に基づく判断ではありますか、日本の看護教育を受け看護資格を持っていればアメリカで看護学校に行く必要はありません。ただし、自分の受けた教育を審査機関に審査してもらう必要はあります。またなぜ病棟での勤務やマネジメント業務が必要になるかと言うと、アメリカの正看護師は准看護師・看護助手とチームを組んで動くことが多いため、准看護師や看護助手に何をお願いするのか、またRNは何をしないといけないのかその都度判断しながら業務をこなす必要があります。通常アメリカの看護学校では実習の時に、プリセプターシップを含めこのようなマネジメントについても学びますが、日本の場合だと実際働きだしてから学ぶことが多いのでマネジメント経験があるのとないのでは大きく違うと思います。

では次にLVN→RNを目指した方がいいケースです。

1.日本で看護師の経験がない、または看護師の資格を持っていない

2.日本で準看護師の資格を持っており、職務経験がある

3.RN、LVNの資格に関係なく、早くアメリカの医療現場に出たい

日本での免許がないという事は、当たり前ですがアメリカで一から勉強しなくてはなりません。となると看護学校に通わないというけない事になりますが、この学校に入るのが今すごく大変なんです、特にストレートでRNの免許を取得できる看護系大学は入学まで数年待ちの状況にあります。LVNの学校であればRNより早く入学できる場合が多く、学校によっては課程修了後OPT(OpticalPracticalTraining)という専攻した分野と関連した分野で働く事のできるシステムのサポートもしてくれる場合もあります。このOPTには約1年間という期限はありますが、その間に少しでもアメリカでの医療経験がつくので、その後の就職にも有用です。

ただしRNにせよLVNにせよ、また仮にもアメリカの看護学校を卒業してOPTを得る事が出来たとしても、VISA(労働許可)を取得できるかは別問題です。VISAに関しては様々な情報がありますが、2020年1月現在、新しいVISAの発給は厳しい状況にあります。VISAの情報はとても複雑ですので、誤解を招かないためにもここに記載するのは控えさせていただきます。興味のある方は、お気軽にお問い合わせフォームからお問い合わせください。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました