RNとして働く為に求められる英語力はどれくらい?勘違いされやすい英語力と英会話力??

アメリカでRN働いていると「どれくらい英語がしゃべれればアメリカで働くことができますか?」という質問をよく受けます。

しかしこの質問を受けるといつも私は困ってしまい、とても返答に困ります。というのもここでいう英語力英会話は一概に比例しないと言うことです。確かにビザを申請するにあたり一定の英語力を求められ、その英語力をテストで証明しなければなりません。ここで言うテストとは以下の通り

以下、CGFNSからの引用になります

To complete the CGFNS Certification Program, applicants must submit scores from one of four accepted English language proficiency examinations:

1. TOEFL® iBT (Test of English as a Foreign Language, Internet-based Test)

A minimum total score of 83 is required. Please reference code number 9988 on your Certification Program application form to ensure your results will be sent electronically to CGFNS

2. TOEFL® PBT (Test of English as a Foreign Language, Paper-based Test)

A minimum total test score of 540 is required on the paper-based version and a minimum total test score of 207 is required on the computer based version.  Please reference code number 9988 on your Certification Program application form to ensure your results will be sent electronically to CGFNS

3. TOEIC® (Test of English for International Communication)

A minimum total test score of 725 is required. Please provide your Test Report Form (TRF) number on your Certification Program application form and request IELTS to have your exam scores made electronically available to CGFNS

4. IELTS (International English Language Testing System)

A minimum total test score of 6.5 is required (Academic Module only). Please provide your Test Report Form (TRF) number on your Certification Program application form and request IELTS to have your exam scores made electronically available to CGFNS.

上記の後からもわかるように、かなりハイレベルな英語力となっています。しかし先ほども申し上げたように、ここで言う英語力は英会話力とは違うので、試験の合格水準に達したとしても問題なく働けるかと言うことでは無い気がします。簡単な例を挙げてみましょう!

例えばAさんはアメリカ籍の方と結婚し日常的に英語に触れています。アメリカ出身の方と結婚した場合、永住権つまりグリーンカードが取得できるので英語力を証明する必要はありません。したがってアメリカ看護師免許の試験に受かった時点で働き出すことができます。またAさんは日常的に英語に触れているためDrや同僚の医療職者との会話も比較的スムーズに行えると思います。
では次にBさんの例です。英語のテストで必要合格点を達成し、運良くビザを取得できたとします。しかしBさんには日常の英会話の経験が少ないため、ドクターからの指示受けや同僚との情報共有に置いて様々な英語の壁が存在すると思います。

この2つの例からも分かるように、私たち日本人はとても英語をよく勉強していますがほとんど英語をしゃべっていません。このことは英会話をベースに仕事をすることにおいてとても大きな壁となります。これは実際私がアメリカに来て痛感していることです。医療英語ができても、看護師の試験に受かっても、英語のテストで高得点を取っても英会話は別問題なんです😭。

アメリカに留学してみて、そしてアメリカで働いてみてとにかく人と話すことが大事だということをしみじみと感じています。将来海外で働きたい、そう思っている方はいちど海外に出て現地の英語を肌で感じてみるのが1番の近道ではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました